HOME | CUSTEMER VOICE | CV_西京区T邸

「懐かしくてみんなが使いやすい。小学校の『図工室』のような家です」
 京都市西京区 T様


父の所有していた借家のリノベーションです。昭和45,6年の建築で1度リフォームはしていたものの、内部はボロボロでした。リフォーム会社に相談したのですが、センスがよくなかったり、上から目線なのに耐震を考えてくれなかったり。イハウズさんは事務所を見て雰囲気がいいと直感し、行ってみたんです。対応してくれたのが設計の倉さんで、耐震のこともちゃんと相談に乗ってくれ、提案内容のセンスも圧倒的によかったので依頼を決めました。とにかく最初はいっぱい希望を言いました。それを倉さんはいったん全部聞いてくれるんです。私はいろんなものが好きすぎて、「これ!」と決められなかったんですが、話しているうちに整理され、好きなものがはっきりしてきた感じ


ですね。昔、雑誌で見たラワン材の天井に憧れていて取り入れたかったのですが、「暗くなるからリビングの壁にラワン材を張っては?」と提案してくれたり、間取りも予算に合わせて壁を大きく動かさず、構造を補強しながら生かす方向で考えてくれました。以前住んでいたマンションが使いにくくてストレスがたまったので、使い勝手にもこだわりました。あと、ネコですね(笑)。リビング階段はまさにネコのためです。デザインは流行りのものではなく、長く使えるシンプルなもの。ずっと変わらず好きでいられるものを選びました。小学校の家庭科室や図工室のような、懐かしくてみんなが使いやすい家です。毎日、2人で「ええ家やな~」といいながら暮らしています(笑)。

 


外観
ラワン

キッチン